読むアイスダンス 創作日記

氷上の社交ダンスと呼ばれるアイスダンス。”観る”だけでなく”やる”魅力も伝えたい。ということで、読むだけでアイスダンスの楽しさを体感してもらえるようなweb小説をと奮闘中です。創作メモなど残していきます。小説もアイスダンスも勉強中。

表現について

こんにちは。すっかり間が空いてしまいました。お久しぶりです!

 

小説の第2部、書いているのですがなかなか苦戦しております。

 

昨日は体調が悪かったもので久しぶりに槇村さとるさんの愛のアランフェスをぱらぱらしながら横になってました。

これって、主人公の生きざまを描いた作品だったんですね。

自分で小説を書き始めるまではそんなこと思ってもみませんでした。

 

こういうスケート作品の中でよく障壁として出てくるのが「表現が上手くできない」なんですが、もしかしてバレエではそういうことが重要になってくるのかなーなんて考えながら読んでいました。私はバレエをやっていなかったので、そのあたりが分からず残念。

スケートだと表現とかいう話ができる段階になるまでがまず大変です。

 

表現については、まだまだ書きたいことがあるのですが、また次の機会に。。。

 

広告を非表示にする