読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むアイスダンス 創作日記

氷上の社交ダンスと呼ばれるアイスダンス。”観る”だけでなく”やる”魅力も伝えたい。ということで、読むだけでアイスダンスの楽しさを体感してもらえるようなweb小説をと奮闘中です。創作メモなど残していきます。小説もアイスダンスも勉強中。

アイスダンスの得点について

『僕とあいつと氷ときせき』第2部 西日本ジュニア大会構想中の私。

今日はショートダンス・フリーダンスの得点を何点くらいに設定しようかということを悩みました!

 

まずは過去のブロック大会の成績を見たのですが、どの選手の得点を参考にするのが妥当なのかがまず分かりません(汗)

始めてから1-2年という設定だから、この人くらいかな~?なんて思ったりしていたのですが。。。

 

色々調べているうちに、この先物語がどう進むのかが一つのポイントということがちょっとずつ見えてきました。

日本でどのくらいのレベルを想定しているのか。

世界でどのくらいのレベルを想定しているのか。

 ↓

これが決まれば、どのくらいの技がどのレベルでできているということになるのかが決まってきます。

これでどのくらいの点がつくのが妥当なのかが見えてきました。

 

※日本のTVなんかではアイスダンスのジュニアについてはまず取り上げられることがないのでみなさんはシニアのお話が知りたいところだとは思いますが、あえてジュニアで書いていきたいと思います。

といいますか、まだそれしか調べておりません(汗)

 

世界ジュニア

ショート40点 フリー60点 ・・・このくらいがショートで予選が通過できるぎりぎり

ショート65点 フリー100点 ・・・このくらいがトップ層

参考:2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権 - Wikipedia

 

どんなエレメンツについてどのくらいの点数がつくかも、Wikipedeiaに詳細がありました。

参考:フィギュアスケートの採点法 - Wikipedia

このページを見れば、作品の中で具体的に何を失敗したら何点マイナスにすればいいかが分かるというわけです。(その他と絡んで+αで減点される場合もあるとは思いますが)

 

今日はこんな感じでした!

 

ここで、小説にいただいたレビューを紹介したいと思います。興味を持っていただけたらぜひ読んでみてください♪